米国株:S&P500種が最高値更新、金融緩和の継続見込む

米株式相場は4日続伸。S&P500 種株価指数は最高値を更新し、2000の大台にあと10ポイント未満に迫っ た。米連邦公開市場委員会(FOMC)が景気刺激策を継続するとの楽 観が背景にある。

S&P500種株価指数は前日比0.3%高の1992.37と終値ベースで最 高値。4日続伸は過去2カ月で最長の連続高。ダウ工業株30種平均 は60.36ドル(0.4%)高の17039.49ドルで終えた。17000ドル台で引け たのは7月24日以来初めて。バンク・オブ・アメリカ(BOA) が4.1%高になるなど金融株が上げを主導した。ヒューレット・パッカ ード(HP)は5.4%上昇し、ハイテク株をけん引した。

USバンクのプライベート・クライエント・リザーブの地域投資デ ィレクター、ジェフ・クラベツ氏は「ファンダメンタルズが引き続き良 好で、米国株はまさにスイートスポットにある」と指摘した。

S&P500種は8月第1週に2年ぶりの大幅安となった。それ以 来、米市場は時価総額で9000億ドル近くを取り戻した。ウクライナ情勢 の緊張緩和に加え、景気回復の兆候があるにもかかわらず主要中央銀行 が低金利政策を続けるとの見通しが背景にある。S&P500種は7日に 付けた2カ月ぶり安値から4.3%戻している。

米証券取引所全体の出来高は約48億株と、短縮取引日を除けば今年 2番目の閑散な商いとなった。過去3日間はいずれも50億株を超えてい ない。

イエレン議長

朝方発表された先週の新規失業保険申請件数は、前週比で予想以上 に減少した。イエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長はただ、労働 市場の一様でない回復を理由に緩和継続をこれまで強調している。

この日からワイオミング州ジャクソンホールでカンザスシティー連 銀主催の年次シンポジウムが始まる。イエレン議長は22日に講演する。 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁も話す予定。

オッペンハイマーファンズの債券最高投資責任者(CIO)、クリ シュナ・メマニ氏は「下半期のテーマは成長加速だ。22日のイエレン議 長の講演はこれまでの発言と違う劇的な内容にはならないと予想されて いる」と述べた。

この日発表された他の統計としては、7月の米中古住宅販売が減少 を見込んだ市場予想に反して前月比で増加し、10カ月ぶりの高水準をつ けた。借り入れコストの低下と住宅在庫の増加が寄与した。米民間調査 機関コンファレンス・ボードが発表した7月の米景気先行指標総合指数 (LEI)は前月比0.9%上昇した。ブルームバーグ・ニュースがまと めたエコノミスト予想の中央値を上回った。

マークイット・エコノミクスが発表した8月の米製造業購買担当者 指数(PMI、速報値)は58と、前月の55.8から上昇し、2010年4月以 来の高水準となった。同指数は50を上回ると製造業活動の拡大を表す。

「良いニュースは良いニュース」

プルデンシャル・ファイナンシャルの市場ストラテジスト、クイン シー・クロスビー氏は「良い経済ニュースは悪いニュースというパラダ イムがあったが、今週は明らかに、良いニュースは良いニュースになっ ている」と発言。「この日の一連の経済指標は力強く、相場はそれに反 応している」と続けた。

S&P500種は2009年3月に付けた安値からほぼ3倍になってい る。3弾にわたる量的緩和と予想を上回る企業業績が背景。S&P500 種はほぼ3年間、10%安の調整を経験していない。実績ベースの株価収 益率(PER)は17.8倍と、2010年以来の高水準近くにある。

V字型回復

サンダイアル・キャピタル・リサーチによると、2%以上の下げを 経験した後、回復するのに2週間を要さなかった株価の反発は、過去2 年で今回が6度目。V字型の回復は過去80年弱のどの期間よりも頻繁に 起こっているという。

ウェルズ・ファーゴ・ファンズ・マネジメントのチーフ株式ストラ テジスト、ジョン・マンリー氏は「ビーチボールを水に沈めようとする ようなもので、すぐに浮かび上がってくる。そういう状況が株式市場に 起きているのは、米金融当局が緩和的な政策を取っているためだ」と説 明した。

原題:S&P 500 Tops Record, Nears 2,000 Amid Confidence in Fed, Economy(抜粋)

--取材協力:Namitha Jagadeesh.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE