欧州債:スペイン債続伸、利回り過去最低に-独債ほぼ横ばい

21日の欧州債市場ではスペイン国債 が3日続伸し、5年物と10年物の利回りは過去最低を付けた。ドイツ国 債利回りが低水準にとどまるとの観測から、代替投資先を模索する動き が続いた。

ドイツ国債はほぼ変わらずで、利回りは1%未満。20日公表の米連 邦公開市場委員会(FOMC)の議事録が予想より早い利上げの可能性 を示した一方、この日発表された指標では、8月のユーロ圏のサービス 業と製造業の経済活動が予想以上に鈍化したことが示された。

バイエルン州立銀行のシニア債券ストラテジスト、マリウス・ダハ イム氏(ミュンヘン在勤)は「過去数日と同じ状況だ」とし、「ドイツ 国債利回りは1%前後で、周辺国債の利回りは低下している。ドイツ国 債が近く売りを浴びないと市場が見ている兆候だろう」と語った。

ロンドン時間午後4時26分現在、スペイン10年債利回りは前日比1 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.39%。一時 は2.371%と、ブルームバーグが1993年にデータ集計を開始してからの 最低を付けた。同国債(表面利率2.75%、2024年10月償還)価格は0.08 上げ103.19。5年債利回りは0.91%まで下げる場面もあった。

イタリア10年債利回りは2bp低下し2.58%。前日にはこれまでの 最低となる2.561%を記録した。

ドイツ10年債利回りは0.99%。一時は2bp上昇し1.01%となっ た。15日には0.951%と、過去最低を付けていた。

英マークイット・エコノミクスが発表した8月のユーロ圏総合購買 担当者指数(PMI)速報値は52.8と、前月の53.8から低下した。活動 拡大・縮小の分かれ目である50を上回ったものの、ブルームバーグがま とめたエコノミスト20人の予想中央値(53.4)には届かなかった。

原題:Spanish Bond Gains Push Yields to Record as Bunds Pare Decline(抜粋)

--取材協力:Max Julius.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE