経産省:原発事業者のリスク抑制する制度を検討-原発継続を念頭に

  同日開かれた経産省の有識者会 合で、電力会社が原子力発電所の運営を継続する上で課題となる財務や 会計上のリスクを抑制するため、新たな制度づくりを目指す作業部会の 設置を決めた。 *会合では、海外の参考事例として英国が採用する差額決済契約(Cf D)や米国の廃炉会計制度を例示 *CfDは、原子力発電にかかったコストの回収が可能な基準価格を設 定し、市場価格が基準価格を下回った場合には差額を電力会社に補てん する制度

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE