人民元:2カ月ぶり大幅安-HSBC中国製造業PMIなど影響

中国人民元は21日、対ドルで約2カ 月ぶりの大幅安となった。英HSBCホールディングスとマークイッ ト・エコノミクスが発表した8月の中国製造業購買担当者指数( PMI)速報値が市場予想を下回ったほか、中国人民銀行(中央銀行) が元の中心レートを引き下げた。

ドル相場上昇を受けて人民銀はこの日、中心レートを0.08%元安方 向の1ドル=6.1632元に設定した。これは7月4日以来の大幅な引き下 げ。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で前日比0.16%安の1ドル=6.1514元と、6月16日以来で最大の下 落。前日までは6営業日で計0.28%上昇。19日には一時6.1366元と、3 月13日以来の高値を付けていた。

ブルームバーグの集計データによれば、香港のオフショア市場で は0.14%安の1ドル=6.1537元。元の1年物ノンデリバラブル・フォワ ード(NDF)は0.21%安の6.2345元。

原題:Yuan Drops Most Since June as PBOC Cuts Fixing, PMI Falls Short(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE