アルゼンチン最新計画は裁判所を大いに侮辱-ホールドアウト

アルゼンチンのデフォルト(債務不 履行)債の保有者は、同国が米裁判所判事の裁判権の範囲外で同国債保 有者に支払う計画を発表したのは法廷を「大いに侮辱するものだ」とし て、米裁判所判事に制裁措置を検討するよう要請した。

アルゼンチンのフェルナンデス大統領は19日、米連邦地裁のトーマ ス・グリーサ判事の命令を順守するのを避けるため、外貨建て債務の支 払いを国内勘定を通じて行う計画を発表した。グリーサ判事は同国がポ ール・シンガー氏率いるNMLキャピタルなど債務再編を拒否した債権 者(ホールドアウト)に15億ドル(約1600億円)強を支払わない限り、 再編後の新国債の保有者への支払いを禁じている。

デフォルト債を保有するホールドアウト債権者側は、アルゼンチン による裁判所命令違反や、同国を法廷侮辱罪に問う是非を早急に審理す るようグリーサ判事に求めた。

原題:Argentina Holdouts Call Latest Plan ‘Grave Affront’ to Court (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE