ファイザーはアストラゼネカ買収諦めず、費用増大でも-関係者

米医薬品メーカーのファイザーは英 アストラゼネカについて、買収コストの増加が見込まれるにもかかわら ず、節税や新たな開発品獲得のための買収を諦めていない。

ファイザーは695億ポンド(約12兆円)でのアストラゼネカ買収を 5月26日に断念。英国の買収ルールでは、今月26日以降に新たな買収提 案に向けて行動を起こすことが可能になる。事情に詳しい複数の関係者 によると、ファイザーはそのようなアプローチを検討する一方、アクタ ビスなどの他の買収目標にも目を向けている。

非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところ では、ファイザーの幹部はアストラゼネカ買収の方が好ましいと考えて おり、他の買収候補に近く働き掛ける可能性は低い。アストラゼネカの 取締役会は、ファイザーの提示額が低過ぎるとして提案を拒否した。

Helveaのアナリスト、オディール・ランドキスト氏(ジュネ ーブ在勤)によれば、開発中の医薬品に自信を持っているアストラゼネ カの取締役会がさらに高い提示額を求めることも予想される。同社は今 年5月以降、呼吸器疾患の治療薬拡充のために最大21億ドル(約2180億 円)の支出を承認し、売上高見通しを引き上げた。主力製品になると期 待される3種のがん治療薬についても良好な治験結果を明らかにした。

原題:AstraZeneca Is Tougher Pfizer Target as Possible New Bid Looms(抜粋)

--取材協力:Caroline Chen、Drew Armstrong、Matthew Campbell.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE