三菱商出資会社など英洋上風力発電所の送電事業者の最終候補

英電力ガス市場規制局 (OFGEM)は北海の2つの洋上風力発電所の送電事業者を選定する 入札の最終候補に三菱商事、英バルフォー・ビーティー、豪マッコーリ ー・グループなどがそれぞれ出資する事業体を選んだ。送電インフラは 計4億ポンド(約690億円)相当。

OFGEMがウェブサイトに20日掲載した発表資料によれば、洋上 風力発電所のウェスターモスト・ラフとハンバー・ゲートウェイでそれ ぞれ選定された事業者が高圧送電インフラの所有・運営を行う。 OFGEMは来年中に優先交渉相手を発表する予定。

最終候補に選ばれたのは三菱商事が出資する事業会社ブルー・トラ ンスミッションなど4社。

原題:Mitsubishi, Balfour Beatty in U.K. Shortlist for Sea Wind Link(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE