NY原油:反発、米在庫が予想以上に減少-製油稼働率も上昇

【記者:Moming Zhou、Mark Shenk】

8月20日(ブルームバーグ)ニューヨーク原油先物市場のウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)は反発。先週の米在庫 が予想以上に減少したことを受けて、3営業日ぶりに上昇した。製油所 稼働率は5週間ぶりに上昇した。

ジョン・ハンコック(ボストン)で石油・天然ガス関連の債券ポー トフォリオを運用するマネジングディレクター、アダム・ワイズ氏は 「予想していた減少幅をはるかに超えていた」と指摘。「製油所稼働率 はかなり大きく上昇した。これで原油需要が高まり、価格はそれに応じ た動きとなっている」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日 比1.59ドル(1.68%)高の1バレル=96.07ドルで終了。9月限はこの 日が最終取引。中心限月となる10月限は59セント(0.6%)高の93.45ド ル。

原題:WTI Oil Rises First Time in 3 Days as U.S. Inventories Decline(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE