NY金:続落、FOMC議事録で想定より早い利上げ観測台頭

ニューヨーク金先物相場は続落。現 物価格は一時2週間ぶり安値に下落した。連邦公開市場委員会 (FOMC)議事録の発表を受けて、市場では初回利上げの時期が予想 より早まるとの観測が広がった。

オッペンハイマーファンズ(ニューヨーク)のチーフエコノミス ト、ジェリー・ウェブマン氏は電話取材に対し、「金融当局の中でタカ 派的な声が強まっている」と指摘。「経済統計の数値はさほど強くはな いが、何らかの強さを見せているのは確かだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.1%安の1オンス=1295.20ドルで終了した。

原題:Gold Extends Drop as Fed Says Job Gains May Hasten Rate Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE