アストンマーティンに乗れないヘッジファンド社員ら-賞与急減

ロンドンのヘッジファンド会社のボ ーナスが2012年に比べ94%減っていることが、報酬分析会社エモルメン ト・ドット・コムの調べで分かった。リターン低下が報酬に響いてい る。

20日の発表資料によると、ヘッジファンド会社の中間レベルの社員 であるディレクターらのボーナスは今年平均8000ポンド(約137万6000 円)と、昨年の4万ポンドから急減。12年の13万5000ポンドも大きく下 回った。

エモルメントは「ヘッジファンドの幹部はアストンマーティンに乗 っているという神話は、この2年間で影をひそめた。給与の緩やかな低 下とは比べものにならないボーナスの急減ぶりだ」とコメントした。

投資家からの資金流入が細っていることや規制強化によるコンプラ イアンス(法規順守)とマーケティングのコスト上昇で、ヘッジファン ド会社の利益は圧迫され、中間レベル社員の報酬を押し下げている。リ ターンも指標の株価指数を下回り、ブルームバーグ・ヘッジファンド総 合指数は年初来2.5%上昇にとどまっている。MSCIワールド指数 は4.3%上昇。13年はヘッジファンド指数が7.4%、MSCI指数が24% 上昇した。

エモルメントによると、ヘッジファンド会社の給与は今年9万ポン ドと13年の10万1000ポンドから減少。12年は12万ポンドだった。

原題:London Hedge-Fund Director Bonuses Slump 94% as Returns Fall (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE