イスラエルがガザ攻撃、ハマス幹部の家族が死亡-停戦期限切れ

パレスチナ自治区ガザで、イスラエ ル軍機がイスラム武装組織ハマスの軍事部門トップであるモハメド・デ イフ氏の家族が滞在していた住居を攻撃した。エジプトが仲介したガザ の停戦は期限切れとなり、戦闘が再開された。

ガザを実効支配するハマスの政治部門幹部のムサ・アブ・マルズク 氏はフェイスブックで、デイフ氏の妻と娘が攻撃で死亡したことを明ら かにした。ただ同氏自身については「なお生存している」と記してい る。デイフ氏が当時、住居内にいたかどうかは言及しなかった。イスラ エル軍は同氏が標的かどうかについてコメントを避けた。

イスラエルのネタニヤフ首相はテルアビブでの記者会見で、ハマス は「これまでで最も大きな打撃」を被ったとし、「テロ組織の司令官は れっきとした標的だ。誰も免れることはできない」と述べた。

パレスチナ側が引き続きロケット弾をイスラエルに向けて発射して いることから、イスラエルの安全保障担当閣僚は会合でさらなる軍事行 動の実施を協議した。アリエル住宅相はイスラエルのテレビ局チャンネ ル2で、地上での新たな軍事行動を「早期に強力かつ迅速に」実施する よう要求。19日からのガザ空爆は「イスラエルに平穏をもたらしていな い」と語った。

イスラエルとパレスチナの交渉担当者は19日、9日間続いた停戦の 延長で合意できなかった。これより前にハマスがロケット弾攻撃を再開 し、イスラエル軍は空爆で応じた。

原題:Israeli Strike Kills Wife, Daughter of Hamas Military Leader (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE