豪中銀総裁:利下げより信頼感の押し上げが必要-成長支援で

オーストラリア準備銀行(中央銀 行)のスティーブンス総裁は20日、豪経済の成長を促すためには利下げ よりも信頼感を高めることが必要だとの認識を示し、政策金利の据え置 きが続く公算を示唆した。

同総裁は議会証言で、「現時点で金利が答えだとは思わないが、何 か別のことが起きれば変わる可能性がある」と指摘。「前進するための 信頼感がもっと高いような環境が必要だが、それは私が実現できること ではない」と語った。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)の豪経済・債券戦略任 者、スーリン・オン氏(シドニー在勤)は「豪中銀は、忍耐が重要であ り金融政策には限界があるとほのめかしている」と分析。この日の議会 証言は「鉱業以外の分野への投資を中心に成長の勢いが期待通りでない ことの説明だが、同時に中銀が若干不満を抱いていることもうかがわれ る」と述べた。

クレディ・スイス・グループがまとめた金利スワップのデータによ れば、トレーダーは向こう1年間で7ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)の利下げを織り込んでいる。

原題:Stevens Says Confidence Trumps Lower RBA Rate as Growth Driver(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE