欧州の天然ガス、大幅下落から上昇に転じる-ウクライナ情勢

過去5年で最大の下落を示していた 欧州の天然ガス価格が上昇に転じている。ロシアとウクライナをめぐる 情勢緊迫化により、欧州へのガス供給に再び支障が出るとの見方が高ま っていることが背景。

ロシアがウクライナの分離派を支援していることを理由に、ウクラ イナが露ガスプロムによるウクライナ国内のガス輸送を禁止する可能性 を示唆したことから、英国の天然ガス先物9月限はここ6週間に21%上 昇した。ガスプロムは欧州にとって最大のガス供給企業。ガスプロムは 6月16日、ガス代金の債務と価格をめぐるウクライナとの対立を理由 に、同国へのガス供給を停止した。

クリーン・エナジー・トレーディング(ロンドン)のセールス・ト レーディング担当ディレクター、ニック・イーグル氏は19日の電子メー ルで、「ガス輸送が停止される恐れが引き続きあり、それがガス価格の 上昇リスクになっている」と指摘。「欧州のガス在庫が非常に潤沢であ ることは間違いないが、冬季に供給に支障が出れば懸念は一段と大きく なるだろう」と述べた。

原題:European Gas Reverses Biggest Drop Since 2009 on Ukraine: Energy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE