アジアで成績最高のマクロファンド、資産が10億ドル突破

マクロ戦略のヘッジファンドとして アジアで運用成績が最も良いクオンテッジ・グローバル・ファンドは、 運用資産が10億ドル(約1030億円)余りに膨らみ、同地域で最も大きい ファンドの一つになったことを明らかにした。

2006年10月に300万ドルで運用を開始したクオンテッジの運用資産 額は、今年6月末時点で10億5000万ドル。同ファンドを運用するクオン テッジ・キャピタルが19日、ブルームバーグ・ニュースの質問に電子メ ールで回答した。

クオンテッジは独自の統計モデルを活用し、運用開始以降の年間リ ターンはプラス33%に達する。シンガポールを拠点とする調査会社ユー リカヘッジによると、アジアのマクロ戦略のヘッジファンドで運用成績 が最も良い。

ユーリカヘッジのアナリスト、モハマド・ハッサン氏はクオンテッ ジについて、「ライバルの大部分のファンドよりも高いリスクを取る。 市場の上昇傾向を非常にうまく捉えることに成功した」と述べた。

クオンテッジの1-7月のリターンは36%と、ユーリカヘッジ・マ クロ・ヘッジファンド指数の0.6%を大きく上回った。同指数は2000年 の集計開始以降で年間としては2番目に悪い成績となりそうだ。

原題:Asia’s Best-Performing Macro Hedge Fund Hits $1 Billion Mark(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE