アジア・太平洋株式サマリー:MSCI香港指数上昇、中国は反落

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場でMSCI香港指数が過去最高値を更新した。2月の 安値からの上昇率は21%に上った。上海証券取引所との注文の相互取り 次ぎへの楽観的な見方から、香港取引所が上昇。不動産株も買われた。

MSCI香港指数は前日比1.3%高の13590.53と、2007年10月に付 けたこれまでの最高値を上回って引けた。香港証券取引所を運営する香 港取引所(388 HK)は2月5日から54%上昇。ヘンダーソン・ランド・ デベロップメント(恒基兆業地産、12 HK)は同日から39%値上がりし た。

ハンセン指数は前日比0.2%高の25159.76で終了。一方、ハンセン 中国企業株(H株)は同0.4%下げ11055.98となった。

売り上げの70%余りを北米で稼ぐ電動工具メーカーのテクトロニッ ク・インダストリーズ(創科実業、669 HK)が5.1%高。自動車メーカ ーの華晨中国汽車(ブリリアンス・チャイナ・オートモーティブ・ホー ルディングス、1114 HK)は2.3%上昇した。1-6月(上期)の増益決 算が好感された。

ベアリング・アセット・マネジメントのアジア・マルチアセット戦 略責任者キエム・ドゥ氏(香港在勤)は、「香港株は世界の他の市場に 追いつこうとしている」と指摘。「企業の業績見通しが上方修正され、 政策も成長を支援しているように思える。上海・香港の取引所で相互取 り次ぎが始まる結果、資金流入も増える見通しだ」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は4営業日ぶりに反落。製造業活動を測る民間指標 が21日に発表されるのを前に、不動産やエネルギー銘柄の下げが目立っ た。

不動産開発の万科企業(000002 CH)は2%安、保利房地産集団 (600048 CH)は1.1%安。石炭生産のエン州煤業(600188 CH)は1% 下げた。上海石油化工(600688 CH)は3.6%安。

人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する上海総合指数は前 日比0.2%安の2240.21。上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300 指数は0.4%安の2366.14で引けた。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが21日 発表する8月の中国製造業購買担当者指数(PMI)速報値は、ブルー ムバーグがまとめた予想中央値で51.5と、7月改定値の51.7から低下す る見通し。

浙商証券の張延兵アナリスト(上海在勤)は「相場はこのところか なり上昇していた。今は調整しつつある。特に指数構成企業のうちウエ ートの大きい銘柄はかなり前に値上がりしたため、投資家が一息入れて いる状況だ」と述べた。

【インド株式市況】

指標のS&Pセンセックス指数は7営業日ぶりに下落し、前日 比0.4%安の26314.29で終了。エネルギー銘柄と工業株の下げが目立っ た。 * インド石油ガス公社(ONGC)は2.6%、インドガス公社( GAIL)は1.1%それぞれ下げ、石油・ガス株指数は1.3%安となった * 資本財株指数は0.5%安、ラーセン・アンド・トゥブロは1%下落

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比10.83ポイント(0.2%)高 の5634.60。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比1.64ポイント(0.1%)高の2072.78。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比44.27ポイント(0.5%)高の9288.05。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE