ガザ停戦期限切れ-ハマスはロケット弾攻撃、イスラエル空爆

イスラム武装組織ハマスがロケット 弾攻撃を再開し、イスラエル軍の空爆でパレスチナ人3人が死亡した後 で、エジプトが仲介したパレスチナ自治区ガザの停戦は期限切れとなっ た。

イスラエルとパレスチナの交渉担当者は19日にカイロで、9日間続 いた停戦の延長で合意できなかった。イスラエルのネタニヤフ首相は午 前0時の停戦期限を前に自国の担当者を呼び戻した。ハマス側はロケッ ト弾を発射したことを認めた。

イスラエル警察当局によると、同国領内に19日遅くに少なくとも50 発のロケット弾が撃ち込まれ、コーヒーショップに被害が出たが、負傷 者はいない。ガザの保健当局によれば、イスラエルの空爆でガザの25カ 所以上が攻撃を受け、5歳の子供1人を含むパレスチナ人3人が死亡し た。

イスラエルのネタニヤフ首相の報道官、マーク・レゲフ氏は今回の ロケット弾砲撃について「重大かつ直接の停戦違反だ」と述べた。

停戦終了と戦闘拡大で恒久的な和平合意成立の見通しが後退する 中、イスラエル軍が地上で新たな軍事作戦を展開する可能性が高まって いる。パレスチナの交渉担当者アッザム・アルアフマド氏は20日、カイ ロで記者団に対し「イスラエル代表団は交渉から逃れた。立ち去ったの は協議を損なうのが狙いだった」と語り、交渉決裂の責任はイスラエル 側にあると非難した。

原題:Gaza Truce Deadlines Expires Amid Rockets, Israeli Airstrikes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE