ルーブル下落、ウクライナ軍のルガンスク一部奪還などで

19日の外国為替市場ではルーブルが 下落。ウクライナ軍が親ロシア派武装勢力の拠点となっているルガンス クの一部を奪還したことや、ロシアが国債入札を取りやめたことが手掛 かり。ただロシアとウクライナの大統領が月内に会談する可能性がある と露大統領府が明らかにした後、ルーブルは下げを縮めた。

モスクワ時間午後6時現在、ルーブルはドルに対し前日比0.2%安 の36.1320ルーブル。一時36.2125ルーブルと、1週間ぶり安値を付け た。

ロシア大統領府はウクライナのポロシェンコ大統領や欧州当局者が 参加するベラルーシでの会議(26日開催)に、プーチン大統領が出席す ると発表した。

原題:Ruble Falls on Luhansk Fighting After Bond Auction Canceled(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE