ガザからロケット弾発射で停戦崩壊、イスラエル軍は攻撃再開

イスラエルはイスラム武装組織ハマ スが実効支配するパレスチナ自治区ガザから再びロケット弾が発射され たとして、ガザ全域に及ぶ標的への攻撃を再開した。停戦合意は24時間 の延長失効を数時間後に控えて崩壊した。

19日のロケット弾砲撃について、ガザでは実行を認めるグループは 出てきていない。イスラエル陸軍によれば、ロケット弾3発が南部の都 市ベエルシェバ近郊の非居住地域に着弾した。けが人や被害などはなか ったという。イスラエルとパレスチナの代表団らはより恒久的な停戦合 意を目指してカイロで交渉していた。イスラエルの代表団は帰国を命じ られたとイスラエル・ラジオは報じた。

イスラエルのネタニヤフ首相の報道官、マーク・レゲフ氏は今回の ロケット弾砲撃について、「重大かつ直接的な停戦違反だ」と述べた。

双方の代表団らは1カ月にわたる衝突の終結で合意を見出そうと、 ここ1週間余り交渉を続けてきた。

原題:Gaza Rockets Rupture Truce, Israeli Military Strikes in Response(抜粋)

--取材協力:Calev Ben-David.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE