イエレン議長の言葉はただの「雑音」、株高信じるストラテジスら

2006年以来で初の米利上げを予想し て神経質になっている投資家たちに、アンドルー・ガースウェイト氏は 言いたいことがある。「おじけづくな」。

投資家はイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長の率いる連邦 公開市場委員会(FOMC)が2015年半ばごろに利上げをすると見込ん でいる。クレディ・スイス・グループの世界株式ストラテジストのガー スウェイト氏はチームと共に、1977年以降の利上げの影響を検証してみ た。

すると、株式相場は初回利上げの直前まで高水準を維持し、短期間 の下げを経て上昇を続ける傾向があることが分かった。

S&P500種株価指数のピークから初回利上げまでは最長4カ月 で、利上げ時にはピークから平均3%しか下落していなかった。

しかも、初回利上げ後の6カ月に約4%上昇。1977年に始まった利 上げサイクル以外では、初回利上げ後18カ月でS&P500種株価指数は 少なくとも10%上昇していた。

クレディ・スイスのストラテジストらは13日のリポートで「過去の 例によると、利上げは株式相場のボラティリティを高めるが、上昇相場 の終わりを意味しない」と書いている。

今回もそうなるのだろうか。ガースウェート氏は来年半ばに利上げ があった場合、同年末までは上昇が続くだろうと考えている。

同氏は量的緩和(QE)終了後、今年の年末前後に5%程度の下落 も予想しているが、「調整が始まる前に現水準よりはるかに高くなって いると考えるし、その後に失地を回復すると思う」とストラテジストら は書いている。

原題:Yellen Rate Rise Talk Just Noise to Strategist Seeing Stock Gain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE