アイスランドで再び火山噴火の恐れ-数百回の地震観測

アイスランドで再び火山が噴火する 恐れがある。市民保護局は同国最大規模の火山の周辺で18日午前0時以 降に約800回の地震を観測した。

同局は18日遅く、「バールダンブンガ火山の東側でマグマ活動が生 じていることを強く示す兆候がある」とウェブサイトで明らかにした。 観測された地震の強さは最大でマグニチュード(M)4.5だったとい う。

バールダンブンガは幅25キロ、標高約1900メートルの火山で、最後 に噴火したのは1996年。噴火の際には火山灰と溶岩の両方を噴出する可 能性がある。同火山は欧州最大のバトナ氷河に覆われている。当該の地 域に通じる道路は閉鎖されているという。

アイスランドでは2011年5月にグリムスボトン火山が噴火し、この 影響で英国のスコットランドやイングランド北部のほか、ドイツからの 発着便が運休となった。10年4月のエイヤフィヤトラヨークトル火山噴 火の際には10万便以上がキャンセルされる事態となった。

原題:Iceland Prepares for Volcanic Eruption as Tremors Persist (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE