7月英インフレ率1.6%に低下、予想下回る-低金利継続に余地

英国の7月のインフレ率は前月から 低下し、エコノミスト予想も下回った。イングランド銀行(英中央銀 行)に過去最低の政策金利を維持する余地が与えられた。

英政府統計局(ONS)が19日発表した7月の消費者物価指数は前 年同月比1.6%上昇。インフレ率は6月の1.9%から低下した。ブルーム バーグ・ニュースがまとめたエコノミスト32人の予想中央値は1.8%だ った。同時発表された生産者物価統計では7月の出荷価格が前年同月比 で約5年ぶりに下落し、潜在的なインフレ圧力の弱まりも示された。

英中銀は今月の政策決定会合で政策金利を0.5%に据え置いた。カ ーニー総裁はまだ政策を引き締める局面ではないと表明している。

ベレンベルク銀行(ロンドン)のエコノミスト、ロブ・ウッド氏は 「インフレは今のところ抑制されているため、英中銀は利上げを段階的 とし力強い経済成長を継続させることが可能だ」と指摘。「賃金の伸び の弱さは、インフレを押し上げることなく失業率が一段と低下すると英 中銀が確信していることを意味する」と語った。

ポンドはドルに対し統計発表後に下げ幅を拡大。ロンドン時間午前 9時33分(日本時間午後5時33分)現在は前日比0.5%安の1ポンド =1.6637ドルで推移している。

原題:U.K. Inflation Rate Declines More Than Forecast to 1.6% (1)(抜粋)

--取材協力:Mark Evans.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE