BHP、最大級のスピンオフ実施へ-14年6月期は10%増益

世界最大の鉱山会社、英・オースト ラリア系のBHPビリトンは19日、アルミニウムや石炭、銀資産をスピ ンオフ(分離・独立)し新会社に移すと発表した。業界最大のスピンオ フとなる可能性がある。

メルボルンに本社を置くBHPの資料によれば、新会社の最高経営 責任者(CEO)にはBHPの最高財務責任者(CFO)を2011年から 務めるグラハム・カー氏が就く。

パースを本拠とする新会社は、来年の上場後の評価額が150億ドル (約1兆5400億円)前後とみられると、CLSAアジアパシフィック・ マーケッツが試算した。BHPによれば、豪州と南アフリカ共和国に上 場する。

BHPが発表した別の資料によると、14年6月期の通期決算は生産 性の向上が寄与し、基礎的な利益が134億ドルと、前期の122億ドルから 約10%増加した。ブルームバーグ・ニュースがアナリスト19人を対象に まとめた調査の予想中央値(136億ドル)には届かなかった。

原題:BHP’s Metal Discards Poised to Become Biggest Mining Spinoff (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE