恵みの雨とも言い切れず-深刻な中国東北部干ばつ、降雨予報

干ばつに見舞われている中国の一部 地域で数日中に降雨が予想されており、一帯には安堵(あんど)がもた らされる見通しだ。しかし中国当局は世界最大と推計される農作物在庫 の削減に取り組んでおり、事態は複雑だ。

中国の中央気象台が18日にウェブサイトに掲載した予報によると、 華北平原と吉林省、遼寧省で24日までに最大60ミリの雨が降り、その後 3日間も降雨が見込まれる。同国水利省の13日の発表によれば、吉林、 遼寧両省の干ばつは1961年以降で最悪。

農作物には恵みの雨のはずだが、当局は年間消費量の半分相当に膨 らんだ過剰供給の削減を図っており、海外からの安価な農作物の流入を 制限するための検査も厳格化している。

政府系調査機関、中華粮網のアナリスト、ジャン・ジーシエン氏は 電話取材に対して「干ばつが発生している地域は限られているため、収 穫量が全国レベルで増加するか減少するかは分からないが、国内の供給 量が引き続き極めて大きいことは確かだ」と述べた。

原題:Rain Relief for China Crops Seen Complicating Glut Reduction (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE