PIMCO、ジャンク債いいとこ取り-無差別投げ売りが好機

パシフィック・インベストメント・ マネジメント(PIMCO)は、投機的格付けの債券をファンドマネジ ャーが無差別に投げ売りする最近の傾向の中で良質なジャンク(高リス ク高利回り)債を買い集めている。

ジャンク債に投資するファンドの解約急増で、ファンドの運用者は 売りを迫られた。売り急ぐ中で運用者らは、売るべきでない資産を放出 し、格付けが投資適格のすぐ下のような一部債券に「極めて有利な」値 段が付いたと、PIMCOの社債ポートフォリオ世界責任者のマーク・ キーセル氏が19日、シドニーでの記者説明会で述べた。

「高利回り債の運用者は、われわれに言わせれば、売るべきでない ものを売っている。高利回り債市場で最も安全な、格付けがダブルB級 の債券を売っているのだ。当社はここ数週間、こうした債券のいいとこ 取りをしてきた。ファンダメンタル(基礎的)に妥当と当社が考える価 値に比べ相当割安な価格で取引されているからだ」と、PIMCOの副 投資責任者でもあるキーセル氏は語った。

ファンドからの大量資金流出を受け、米ジャンク債の平均利回りが 1日に6.3%と約6カ月ぶり高水準になったことを、バンク・オブ・ア メリカ(BOA)メリルリンチの指数が示している。その後の相場回復 で18日は5.97%。7月のリターンは月間ベースで、約1年で最悪のマイ ナスだった。

--取材協力:Garfield Reynolds.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE