NATO:東欧に大規模な兵力配備せず-メルケル独首相

ドイツのメルケル首相は18日、対ロ シア関係に決定的な亀裂が生じることを回避するため、北大西洋条約機 構(NATO)は東欧にかなりの規模の戦闘兵力を配備するのを手控え るだろうとのと認識を示した。

ラトビアを訪れているメルケル首相は記者団に対し、NATO加盟 国ではないウクライナに対するロシアの圧力に対処する防衛措置は「戦 闘部隊の恒久的、持続的な配備に絡むものではないが、その他のやり方 でわれわれの協力を大きく強化することは可能だ」と述べた。

同首相や同盟国当局者によれば、英国で来月4、5両日開催される NATO首脳会議では、東欧における防衛体制などが決まる。

NATO幹部によれば、「かなりの規模」とは通常「旅団編成」を 指す。

原題:NATO to Shun Substantial Eastern Footprint in Nod to Russia (1)(抜粋)

--取材協力:Aaron Eglitis.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE