英スタンダードチャータード、管理問題でNY当局と近く合意

英銀スタンダードチャータードはニ ューヨーク州金融サービス局との2012年の合意で約束したにもかかわら ず疑わしい取引を警告しなかったと指摘された問題を解決するため、最 大3億ドル(約308億円)を支払うことに近く同意する見通しだ。事情 に詳しい関係者が明らかにした。

同行と金融サービス局は週内にも和解に達する可能性がある。協議 は部外秘だとして関係者が匿名を条件に語った。

スタンダードチャータードは今月、マネーロンダリング(資金洗 浄)防止のための管理上の問題に対してニューヨーク州金融サービス局 から「金銭的制裁と是正措置命令」を受ける可能性があることを明らか にしていた。今回の問題は対イラン制裁違反をめぐる12年の米当局との 和解の一環としてロースキー金融サービス局長が任命した監視官が指摘 した。

同行は12年8月、金融サービス局に3億4000万ドルを支払うことに 同意。同年12月にはさらに3億2700万ドルの支払いで司法省や連邦準備 制度、ニューヨークの検察当局との間で合意した。

原題:Standard Chartered Said Close to Deal With Lawsky Over Controls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE