TPG、運用手数料の割引提示-100億ドルの買収ファンドで

米プライベートエクイティ(PE、 未公開株)投資会社TPGキャピタルは100億ドル(約1兆300億円)規 模となる買収ファンドの資金集めを目指す中で、運用手数料の割引を投 資家に提示している。

「TPGパートナーズVII」への投資を表明している投資家は、コ ミットした金額や第1弾の資金集めに参加するかどうかによって最 大25%の手数料割引を受けられる可能性がある。ブルームバーグ・ニュ ースが入手した資料で分かった。

TPGキャピタルが割引をちらつかせる背景には、買収ブームや金 融危機の際に行われた取引のリターンが予想に反して低調となり、20年 余りにわたる好成績に影を落としていることがある。同社はTXU(現 エナジー・フューチャー・ホールディングス)やワシントン・ミューチ ュアルなどが絡む過去に手掛けた投資がうまくいかなかった経緯があ る。

アポロ・グローバル・マネジメントやカーライル・グループ、 KKR、ウォーバーグ・ピンカスも最近のファンドで同様の割引を申し 出ている。

ブリックシルバー・パブリック・リレーションズでTPGの広報を 担当するオーウェン・ブリックシルバー氏は、資金集めや手数料体系に ついてコメントを控えた。

原題:TPG Offers Fee Breaks to Lure Investors to $10 Billion LBO Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE