イスラエルのEZチップ、最大顧客シスコの人員削減で悪影響も

イスラエルの半導体企業EZチッ プ・セミコンダクターが13日発表した利益と売上高の伸びはアナリスト 予想を2四半期連続で上回った。しかし、投資家はこの朗報にほとんど 気付かなかったようだ。

投資家が注目したのはEZチップの最大顧客である米通信機器メー カー、シスコシステムズがその数時間後に発表した6000人の人員削減だ った。同社は新興市場での販売低調を理由に、売上高がほとんど伸びな いとの見通しも示した。これらを受け、14日のEZチップの株価はテル アビブ市場で3.1%下落した。

ジョーンズトレーディング・インスティチューショナル・サービシ ズの市場ストラテジスト、ユーセフ・アッバシ氏は「シスコの見通しは EZチップに打撃を与えている」と述べ、「EZチップの成長軌道は良 好だが、その最大顧客が成長減速について警告するということは、EZ チップにも同様の状況が起きるということだ」と指摘した。

EZチップの第2四半期売上高の39%をシスコ向けが占めた。EZ チップの増収率は過去4四半期、いずれも30%を超えたが、アナリスト 6人の予想平均によると、今年の売上高は29%増の9120万ドルが見込ま れている。

原題:Cisco’s 6,000 Job Cuts Drown Out EZchip Profits: Israel Markets(抜粋)

--取材協力:Peter Burrows.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE