北海ブレント先高観が後退、買い越し残2年ぶり低水準

北海ブレント原油相場上昇を見込む ヘッジファンドのポジションが、過去2年で最小規模となった。リビア の生産回復やイラクでの脅威の後退が、原油の先高観測を後退させてい る。

ICEフューチャーズ・ヨーロッパ(ロンドン)が18日発表したデ ータによると、ヘッジファンドなど大口投機家によるブレント原油先物 の買越残高は2012年7月以来の低水準となった。リビアの生産が増えて いるほか、イラクでは同国最大のダムがイスラム過激派から奪還され た。

ICEによると、12日終了週の買い越しは7万2079枚と、前週か ら26%減少した。

原題:Hedge Funds Least Bullish on Brent Oil in 2 Years on Waning Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE