単独利上げ、熊が出るワイオミング1人ハイキング同様に危険

米ワイオミング州のグランドティト ン国立公園では「1人でハイキングに行かないように」という警告が出 されている。

同州ジャクソンホールでの年次シンポジウムに集まる中央銀行当局 者らも同じアドバイスに耳を貸すべきだろう。「1人でハイク(利上 げ)をするな」と。ここで危険なのはハイイログマという熊(ベア)で はなく、通貨上昇を見込む強気派(ブル)の投資家だ。

モルガン・スタンレーのロンドン在勤エコノミスト、ヨアヒム・フ ェルズ、マノジ・プラダン両氏が最近の調査リポートで指摘した。両氏 はハイキングではなくサイクリングを例に、自転車レースでは単独では なくグループで固まって走った方が向かい風を最大40%減らせるとの分 析を引用した。

中銀も同じで、金融政策の単独行動は逆風が激しくなる。他の中銀 に先駆けて利上げをしたり引き締め計画を示したりすれば、自国通貨の 上昇を招きがちだ。これは経済競争力を低下させ、結局大勢に足並みを そろえざるを得なくなることが多い。

フェルズ氏は17日のリポートで、自転車競技の集団は最強・最大の チームが主導しコントロールすることが通常だと指摘。「世界の金融政 策も同じで、3大中銀が全体のペースを決める」と記している。

イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長とドラギ欧州中央銀 行(ECB)総裁、黒田東彦・日本銀行総裁からのメッセージは緩和的 金融政策はまだ続くというものだ。ドラギ、黒田両総裁は年内に一段の 緩和策を講じる可能性もある。

この3中銀の姿勢を前に、イングランド銀行(英中銀)のカーニー 総裁は単独行動が取りにくい見込みだ。同総裁は先週、外的リスクと賃 金動向の弱さを理由に行動を急がないと表明。6月の強気発言からやや 軌道修正した。

原題:Don’t Hike Alone Is Jackson Hole Bear Warning for Central Banks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE