イスラエル:4-6月GDP、予想下回る1.7%増-再利下げ観測

イスラエル経済は4-6月(第2四 半期)に成長が鈍化した。輸出が18%近く落ち込み、イスラエル銀行 (中央銀行)が景気支援で再利下げするとの観測が強まっている。

イスラエル中央統計局が17日発表した4-6月国内総生産( GDP)は前期比年率1.7%増と、1-3月(第1四半期)の2.8%増 (改定)を下回った。ブルームバーグがまとめたエコノミスト5人の予 想中央値は2.7%増だった。

プサゴット・インベストメント・ハウス(テルアビブ)のチーフエ コノミスト、オリ・グリーンフェルド氏は「中銀は再び利下げするのだ ろう。向こう数カ月にはないかもしれないが、追加利下げの余地はあ る」と語った。

イスラエル中銀は7月28日、予想に反して政策金利を0.5%に引き 下げた。通貨シェケル上昇とパレスチナ自治区ガザでの軍事行動が背景 で、1カ月にわたる戦闘でイスラエル経済は7-9月(第3四半期) は1.5-2%縮小する可能性があると、イスラエル・ブローカレッジ・ アンド・インベストメンツ(IBI)のチーフエコノミスト、ラフィ・ ゴズラン氏は予想している。

原題:Israel Quarterly GDP Growth Misses Estimates as Exports Plunge(抜粋)

--取材協力:Calev Ben-David.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE