ソフトバンク:TモバイルUS買収断念後初の社債、4000億円を発行へ

ソフトバンクは、米携帯電話業界4 位のTモバイルUS買収協議打ち切り後、初の社債を発行する。これま での企業買収で急増した借入金を借り換え、今後の投資に備える。

開示資料によると、年限5年の個人向け社債4000億円を発行する。 利率の仮条件は0.95-1.55%、条件決定は28日を予定している。

同社は積極的に大型企業買収を行う中で、資金調達先の分散化を進 めている。特に個人向け社債市場に借入先をシフトしており、今年5月 に3000億円、昨年は7000億円を調達している。

メリルリンチ日本証券の上田祐介チーフクレジットストラテジスト は、これまでに発行した「高い金利の物と置き換えるというのなら非常 にいい」と指摘。今回の調達でどの程度が借り換えに充当されるかが不 透明なため、「リファイナンスがメイン」という言葉が出てくるとさら に信用力が上がるとの考えを示した。

広報担当の長田真理子氏は、今回の社債発行の目的について「資金 の用途は借入金と社債の返済、将来への投資資金だ」とし、「現時点で 特定の買収を目的としたものではない」と説明した。

同社の後藤芳光取締役は、8日の第1四半期決算会見後にブルーム バーグの取材に答え、「個人投資家が投資している割合で言うと、社債 はまだまだ小さい」とし、「これからもどんどん出していく」と話して いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE