エボラ出血熱生き延びた人々の血液、治療に利用される可能性

エボラ出血熱患者の緊急治療法とし て、生存者の血液を利用することが現在最も有用な手段として浮上して いる。

治験薬が不足またはすぐに利用できない状況のため、世界の医療関 係者らは、生存者が獲得し、ウイルスに打ち勝った自然免疫を他の患者 に提供可能かどうかを探っている。

初期の一部調査結果では、生存者の血液利用が効果を示す可能性が 示唆されている。1995年にコンゴ(旧ザイール)のキクウィトで感染が 拡大した際には、8人のうち7人の割合で感染者がこの治療法によって 生き延びた。この時の致死率は約80%に達した。

国連世界保健機関(WHO)でこの治療法について評価するチーム を率いるデービッド・ウッド氏は、95年以降の臨床検査では相反する結 果が出ているものの、今回の感染拡大で死者数が増加している状況で は、この治療法を再び試す価値はあると指摘する。

ウッド氏は電話インタビューで、「実現可能な選択肢だ。選択肢と して利用可能な時期について現実的に判断できるよう支援能力のある血 液の専門家らと協議している。近いうちに情報を入手できるだろう」と 述べた。

WHOによると、今回の発生以降、ギニアやシエラレオネ、リベリ ア、ナイジェリアでのエボラ出血熱による死者は13日時点で計1145人に 上っている。

原題:Blood of Ebola Survivors Holds Treatment Potential as Drugs Lag(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE