ブラジル社会党、シルバ氏を大統領候補に指名へ-カンポス氏

ブラジル社会党は、同党から大統領 選に出馬を表明していたエドゥアルド・カンポス氏の事故死を受け、副 大統領候補だったマリナ・シルバ氏を大統領候補に指名する方針だと、 同党幹部のロドリゴ・ロレンベルグ上院議員が明らかにした。

カンポス氏らを乗せたセスナ機560XLは13日に同国南東部のサ ントス市で墜落し、パイロット2人とカンポス氏の選挙戦チームのメン バー4人を含む搭乗者全員が死亡した。カンポス氏は17日、4月まで知 事を務めたペルナンブコ州の州都レシフェに埋葬された。ルセフ大統領 や野党の大統領候補アエシオ・ネべス氏を含む数千人の弔問客が同日行 われた通夜と葬儀に出席した。

ロレンベルグ議員によると、社会党は20日に会合を開き、決定を発 表する予定。ベト・アルバカーキ議員が副大統領候補として有力視され ている。

シルバ氏(56)はカンポス氏の死後、ブラジル政界の波乱要因とな っている。2010年の大統領選では、ルセフ氏の対立候補として緑の党か ら出馬し、得票率19%で3位となった。カンポス氏は4月にシルバ氏を 副大統領候補に選んでいた。

原題:Marina Silva to Run for Brazil Presidency, Replacing Campos (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE