イラクのクルド部隊、イスラム国からダム奪還-米空爆で支援

イラク北部で政府軍とクルド人民兵 組織ペシュメルガは、北部に勢力を広げるイスラム過激派「イスラム 国」から同国最大のダムを奪還、米国の空爆による支援を受けて攻勢に 転じている。

イラク軍のハシム・アタ報道官は国営テレビ局アルイラキーヤに対 し、政府の対テロ部隊とペシュメルガが米国による「航空支援を受け、 モスル・ダムを完全に奪還した」と述べた。イスラム教スンニ派でイス ラム国を支持する組織のスポークスマン、アボ・マーン・アルタイエ氏 は、ダムの東側で戦闘が続いていると語った。

オバマ米大統領は前週末、米軍の役割を拡大し重要なインフラであ るダム維持に向けた攻撃を初めて承認した。フロリダにある米中央軍の 声明によれば、米軍は17日にダム周辺で14回の攻撃を行い、イスラム国 の複数の武装車両や装甲兵員輸送車、検問所を破壊または損害を与え た。

原題:Kurdish Forces Oust Militants From Dam With U.S. Airstrikes (2)(抜粋)

--取材協力:Arif Sharif.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE