OCBCがライツイシューで2770億円調達-永亨銀買収受け

更新日時

資産規模で東南アジア2位の銀行、 シンガポールのオーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC)は香港の 永亨銀行の買収の後で、ライツイシュー(株主割当増資の一種)で33 億7000万シンガポール・ドル(約2770億円)を調達する。

シンガポール取引所への届け出によると、OCBCは既存株主に8 株当たり新株1株を7.65シンガポール・ドルで最高4億4000万株割り当 てる。これは同社株の先週末の終値10.20シンガポール・ドルを25%下 回る。株価は現地時間午前9時41分(日本時間同10時41分)現 在、0.1%安の10.19シンガポール・ドル。

OCBCは先月、永亨銀行を50億米ドル(約5100億円)で買収し、 株式の大半を取得。これによりOCBCは大中華圏へのアクセスが拡大 し、東南アジアの中国企業向け銀行サービスを拡充できるほか、プライ ベートバンク部門では永亭銀行の顧客をターゲットにすることが可能と なる。

ライツイシューは買収後のバランスシート強化が目的だと、 OCBCは18日の発表資料で説明した。

OCBCはバンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチと HSBCホールディングス、JPモルガン・チェースをライツイシュー の幹事に指名した。

原題:OCBC Seeks $2.7 Billion Via Rights Issue After Wing Hang Bid (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE