アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場ではハンセン指数が前週末比ほぼ横ばいで終了した が、値下がり銘柄数が値上がり数を上回った。中国商務省が発表した7 月の対中直接投資が市場予想に反して、前年同月比17%の大幅減となっ た。最近発表された中国経済指標は予想を下回るものが目立つ。

中国本土の不動産最大手、万科企業(2202 HK)は2.2%安。7月の 新築住宅価格は、当局が継続調査する都市の大半で下落した。アジア最 大のインターネット企業、中国のテンセント・ホールディングス(騰 訊、700 HK)は1.2%安。提携する電子商取引運営会社JDドット・コ ムの4-6月(第2四半期)の純損失が市場予想よりも大きかったこと が嫌気された。チャイナ・モバイル(中国移動、941 HK)は3.2%高。 野村ホールディングスが株価目標を引き上げた。

ハンセン指数は前週末比ほぼ変わらずの24955.46。上昇1銘柄に対 し約2銘柄が下落した。同指数は先週2.6%上昇し、一時2008年5月以 来となる25000台を付けた。ハンセン中国企業株(H株)指数は前週末 比0.4%安の11065.21で引けた。

敦沛証券のバイスプレジデント、ジャクソン・ウォン氏(香港在 勤)は電話取材に対して、「投資家は中国のあまり強くない統計を売り の口実に利用している」とし、「対中直接投資の急減にはやや失望させ られた」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は続伸。上海総合指数が約8カ月ぶりの高値に達し た。中国が18日発表した7月の新築住宅価格は調査対象の大半の都市で 値下がりしたが、海運やテクノロジーなどの銘柄が上昇して指数全体を けん引した。

海運会社の中海集装箱運輸(601866 CH)は6.2%高。創業板(チャ イネクスト)指数は5カ月ぶりの大幅上昇。同指数の構成銘柄であるイ ンターネット関連企業の上海網宿科技(300017 CH)は3.8%上げた。不 動産開発株は売られた。万科企業(000002 CH)は0.2%安、保利房地産 集団(600048 CH)は0.7%安。

人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する上海総合指数は前 週末比0.6%高の2239.47と、昨年12月5日以来の高値で終了。上海、深 圳両証取のA株に連動するCSI300指数は0.6%高の2374.56。

華西証券の毛勝アナリストは「不動産価格の統計が弱かったこと が、一段の政策緩和への楽観論につながった。近く利下げが実施される との期待もある。融資コストの引き下げにつながるからだ。投資家は相 場への自信を深めており、現在の相場上昇は短期的に持続する公算が大 きい」と述べた。

【インド株式市況】

指標のS&Pセンセックス指数は5営業日続伸し、前営業日 比1.1%高の26390.96で終了し過去最高値を更新した。 *資本財銘柄指数は2.3%上昇、ラーセン・アンド・トゥブロは2.2%高 *石油・ガス株指数は2.6%上げた、バーラト石油は5.7%、ヒンドゥス タン石油は6.4%それぞれ上昇

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前週末比20.58ポイント(0.4%)高 の5587.10。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前営業日比10.09ポイント(0.5%)安 の2053.13。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比65.50ポイント(0.7%)安の9141.31。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE