クレディS、エスピリト資金調達で証券を組成-米紙WSJ

スイス銀行2位のクレディ・スイ ス・グループが、エスピリト・サント一族に関係する企業の資金調達の ために発行され、エスピリト・サント銀行の顧客に販売された証券を組 成していた、と米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じ た。

同紙が各種の届け出や事情に詳しい複数の関係者の情報を総合して 伝えたところでは、エスピリト・サント一族に関係するさまざまな企業 の債務を証券化したこの金融商品は、同一族の事業資金調達の手段とな った。

同紙によれば、スイスのローザンヌを拠点とするユーロフィン・ホ ールディングが、証券を発行した投資目的会社の経営権を少なくとも一 部掌握。エスピリト・サントが2009年まで一部出資していたユーロフィ ンは、グループの資金調達で重要な役割を果たしていたという。

クレディ・スイスが、エスピリト・サント銀の顧客への証券販売で どのような役割を果たしたかは明らかでない。同行の広報担当バネッ サ・ニール氏は、報道に関するコメントを控えている。

原題:Credit Suisse Designed Debt for Espirito Santo Group, WSJ Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE