アリババのIPO、米当局が一段と厳しい審査も-会計問題で

中国最大の電子商取引会社アリバ バ・グループ・ホールディングが予定している新規株式公開(IPO) が米当局の一段と厳しい審査に直面する可能性がある。傘下の映画製作 会社アリババ・ピクチャーズ・グループの会計処理に不備がある恐れが 出てきたためだ。

アリババ・ピクチャーズは15日、会計処理に不備がある可能性を見 つけたため中間決算を予定通りに発表できないことを明らかにした。同 社は今月、新しい最高経営責任者(CEO)を指名した。アリババ・グ ループは同社の株式60%を保有している。

アリババ・グループは9月に米市場でのIPO実施に向けて詰めの 準備作業を進めており、米証券取引委員会(SEC)は今後、同社が問 題点を適切に開示するのを確実にすることに主要な力点を置くことにな る見通し。

かつてSECの企業財務部門の責任者を務めたデービッド・マーテ ィン氏は、SECはIPOを妨げることは望んでおらず、予定通り進む ように企業側と協力すると語った。同氏は現在、ワシントンの法律事務 所コビントン・アンド・バーリングのパートナー。

また、SEC企業財務部門の首席法律顧問を務めたピーター・ロメ ロ氏は「この問題は警告を発することになろう。重大な問題ではないこ とを示すのは企業側の責任になるだろう」などと述べた。同氏は現在、 ワシントンの法律事務所ホーガン・ラベルズUSのパートナー。

SECの報道官、ジョン・ネスター氏、アリババの広報担当者は共 にコメントを控えた。

原題:Alibaba Unit Accounting Flaw Seen Drawing SEC IPO Scrutiny (1)(抜粋)

--取材協力:Alex Sherman、David J. Lynch、Alan Katz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE