米国株:下げを埋める、ウクライナ情勢でエネルギー株高い

15日の米国株は下げを埋める展開。 ウクライナでの衝突がエスカレートし、原油価格が大幅に上昇。エネル ギー関連株が上昇した。

石油のアナダルコ・ペトロリアム、シマレックス・エナジー、キン ダー・モルガンはいずれも上昇。S&P500種株価指数の石油・天然ガ ス株価指数は0.5%高と、産業別10指数の中で最も上げた。

百貨店のノードストロムは下落。売上高がアナリスト予想を下回っ た。モンスター・ビバレッジは急伸。清涼飲料最大手の米コカ・コーラ がモンスターへの出資で合意したことが買い材料だった。

S&P500種株価指数は前日比ほぼ変わらずの1955.06。ダウ工業 株30種平均は50.67ドル(0.3%)安の16662.91ドル。

ウィリアムズ・キャピタル・グループ(ニューヨーク)のプリンシ パル兼株式トレーダー責任者、スティーブン・カール氏は「投資家はウ クライナの動向を見極めようとしており、これで相場が戻している」と 述べ、「未対応の地政学の問題があり、他のあらゆる材料を圧倒してい る」と続けた。

親ロシア派武装勢力が掌握する国境地域から夜間に越境したロシア の車両を、ウクライナ政府軍が攻撃したとアンドリー・リセンコ報道官 はキエフで記者団に話した。

原油急伸、ボラティリティ

ロシア外務省は支援物資を積んだ車列が攻撃される恐れがあると警 告した。親ロ派勢力をロシアが支援していると、ウクライナ政府は数カ 月にわたり批判している。これに対しロシアは、ウクライナでの衝突に は一切関与していないと繰り返し主張している。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日 比1.9%高の1バレル=97.35ドルで終了した。キンダー・モルガン は3.9%上昇した。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 ( VIX)は5.9%上げて13.15だった。前日までは5日連続で低下してい た。

連邦準備制度理事会(FRB)の発表によると、7月の鉱工業生産 指数(製造業、鉱業、公益事業の生産を対象、季節調整値)は0.4%上 昇した。またニューヨーク連銀が発表した8月の同地区の製造業景況指 数は予想以上の落ち込みだった。消費者マインド指数は年初来の最低を つけた。

ブルームバーグがまとめたデータによると、S&P500種採用企業 で今四半期決算を発表した企業の約76%で利益がアナリスト予想を上回 った。また65%で売上高が予想を上回った。

ノードストロムは5.2%安。同社の既存店売上高はアナリスト予想 を下回った。

モンスターは30%急伸し、上場来最高値の93.49ドル。コカ・コー ラはモンスターの株式17%を21億5000万ドルで取得することで合意し た。急成長を遂げているエネルギードリンク市場への投資を拡大する。

原題:U.S. Stocks Erase Losses as Ukraine Conflict Spurs Energy Rally(抜粋)

--取材協力:Elena Popina、Jonathan Morgan、Oliver Renick.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE