欧州株:終了間際に反落-ウクライナがロシア武装車両を攻撃

15日の欧州株式相場は下落し、週間 ベースの上げ幅を削った。ウクライナ軍がロシアから越境してきた武装 車列の一部を破壊したことを受け、指標のストックス欧州600指数は終 了間際にそれまでの上げを消し下げに転じた。

英投資会社SVGキャピタルは4.5%安。同業パーミラ・ホールデ ィングスが保有株を全て手放したことが売り材料。一方、英豪系鉱山会 社BHPビリトンは1.2%上げた。一部資産をスピンオフ(分離・独 立)する公算が大きいことを明らかにした。スウェーデンの衣料小売 り、ヘネス&マウリッツ(H&M)も値上がり。7月の売上高が急増し た。

ストックス欧州600指数は前日比0.4%安の329.72で終了。一時 は0.9%高となった。今週の上昇率は1.5%に縮小した。

MPPM(独エップシュタイン)で資産運用に携わるギレルモ・ヘ ルナンデス・サンペレ氏は電子メールで、「市場にとって大きな問題は 危機に見舞われている地域から入ってくる情報の信ぴょう性だ」とし、 「ロシアの部隊が国境を越えるというニュースは数週間にわたり出てい たが、裏付けはなかった。危機が悪化すれば投資家はリスクオフのモー ドに入る」と語った。

親ロシア派武装組織が掌握する国境地域から夜間に越境したロシア の車両を、ウクライナ政府軍が攻撃したと同軍のアンドリー・リセンコ 報道官がキエフで記者団に話した。ウクライナ部隊への砲撃は続いてお り、一部はロシアから発射されているという。

15日の西欧市場では15カ国中11カ国で主要株価指数が下落。仏 CAC40指数が0.7%、独DAX指数は1.4%それぞれ下げた。ギリシャ とイタリア、オーストリアの市場は祝日のため休場だった。

原題:European Stocks Drop as Ukraine Attacks Armed Convoy From Russia(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE