ウクライナ、ロシアからの武装車列を攻撃-危機エスカレート

ウクライナ危機がエスカレートして いる。ウクライナ軍はロシアから国境を越えて入ってきた武装車列を攻 撃して一部を破壊したことを明らかにした。ロシアのプーチン大統領は ウクライナ国内での軍配備を否定している。

ウクライナのポロシェンコ大統領によると、同国軍はロシアから夜 間に越境してきた武装車列を攻撃した。一方、ロシア外務省は支援物資 を積んだ別の車列が攻撃される恐れがあると警告した。ウクライナのク リムキン外相はロシア、ドイツ、フランスの外相と17日会談する。

ウクライナ国防省スポークスマンのレオニード・マチューヒン氏は これより先、夜間に起きた車両越境について、ロシアによる新たな展開 ないし侵攻開始とウクライナは捉えていないと電話で語っていた。

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は電話インタビューで、ウ クライナの武装車列に関する主張は「挑発行為」であり、「情報戦」の 一部だと話した。

親ロ派武装勢力をロシアが支援していると、ウクライナ政府は数カ 月にわたり批判している。ウクライナ政府軍のアンドリー・リセンコ報 道官はキエフで記者団に対し、この日もロシア領からウクライナ軍への 砲撃があったと述べた。

ウクライナ政府軍はルガンスクとドネツクから親ロ派勢力を排除す る作戦を展開中で、紛争は頂点に達しつつある。

ロシア政府は同国側の哨戒のみを目的に国境地域に部隊を配置して おり、こうした部隊が国境を越えてウクライナに入った事実はないと、 ロシア通信(RIA)は連邦保安庁(FSB)の国境警備部門を引用し て報じた。

ロシアのプーチン大統領は14日のクリミア訪問中に、戦闘停止に取 り組む方針を表明した。同大統領に対しては、ウクライナの分離主義者 を支援しているとして国際的な圧力が強まっている。ロシア外務省はこ の日、支援車両の通行が妨害される可能性があるとして懸念を示し、支 援輸送ができるようあらためて停戦を呼び掛けた。

原題:Ukraine Strikes APCs From Russia as Spat Over Aid Convoy Deepens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE