NY外為(15日):円上昇,ウクライナがロシア装甲車列を攻撃

ニューヨーク外国為替市場では円と スイス・フランが上昇。ウクライナがロシアから越境してきた装甲車列 を攻撃、一部を破壊したと発表したことを受けて、逃避の買いが入っ た。

新興国通貨は下落。ロシア車両に関するウクライナの声明に対し、 ロシア側は「挑発的行為」であり「情報戦」の一部だと一蹴した。ニュ ーヨーク連銀製造業景況指数が市場予想以上に低下したことを背景に、 ドルは一時2週間ぶりの安値をつけた。米国債は上昇した。

ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルのシニアエコノミ スト、チャールズ・サンタルノー氏(ニューヨーク在勤)は電話インタ ビューで、「対円でのドルはウクライナのニュースに反応している。地 政学的リスクは今週に入ってから今まで、あまり注目されていなかっ た」と指摘。「こうしたニュースは展開次第で、ボラティリティを生じ させる。何が起きているのか把握するには、ロシア側の情報も待たなく てはならない」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで前日比0.1%高の1 ドル=102円36銭。週間ベースでは0.3%下落。円は対ユーロで0.2%安 の1ユーロ=137円16銭。ユーロは対ドルで0.3%高の1ユーロ=1.3401 ドル。スイス・フランは対ドルで0.4%高の1ドル=0.9026フラン。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数は0.2%下げて1019.42。一時は1019.32と、1日以来の低水準 となった。

「守りに入っている」

ファロス・トレーディング(コネティカット州スタンフォード)の マネジングディレクター、ブラッド・べクテル氏は、為替トレーダーら は「守りに入っている」と指摘。「このニュースが出てくるまで、誰も が状況に安心していた」と述べた。

新興国通貨は下落。親ロシア派武装勢力が掌握する国境地域から夜 間に越境したロシアの車両を、ウクライナ政府軍が攻撃したとアンドリ ー・リセンコ報道官はキエフで記者団に話した。

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は電話インタビューで、ウ クライナ政府は戦闘をさらに悪化させ、それにロシアを巻き込もうとし ていると述べた。ロシア政府は同国側の哨戒のみを目的に国境地域に部 隊を配置しており、こうした部隊が国境を越えてウクライナに入った事 実はないと、ロシア通信(RIA)は報じた。

ピアポント・セキュリティーズ(コネティカット州スタンフォー ド)のグローバルストラテジスト、ロバート・シンチ氏は「米利回りの 低下が続いていることと、リスク資産にかなり不利と見なされかねない こうしたニュースの相乗効果で、円が若干上昇している」と述べた。

米10年債利回りは一時2.30%と、昨年6月以来の低水準をつけた。

米経済指標

ニューヨーク連銀が発表した8月の同地区の製造業景況指数 は14.69と、前月の25.6から低下した。ブルームバーグ・ニュースがま とめたエコノミスト予想の中央値は20だった。 同指数はゼロが景況の 拡大と縮小の境目を示す。

米労働省が発表した7月の生産者物価指数(PPI)は前月 比0.1%上昇。ブルームバ ーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想 の中央値と一致した。前月は0.4%の上昇だった。変動の大きい食品と エネルギーを除いたPPIコア指数は7月に0.2%上昇した。

原題:Yen Gains With Franc on Ukraine; Emerging Currencies Decline(抜粋)

--取材協力:Kevin Buckland、Mariko Ishikawa、Kristine Aquino、Anchalee Worrachate.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE