アリババ・ピクチャーズ、決算発表延期-会計処理に不備の公算

中国最大の電子商取引会社アリバ バ・グループ・ホールディングス傘下の映画製作会社、アリババ・ピク チャーズ・グループは、新経営陣が会計処理に不備の可能性を発見した ため、中間決算を予定通りには発表できないことを明らかにした。

香港証券取引所への提出資料によると、アリババ・ピクチャーズの 幹部はアリババ・グループ・ホールディングに買収される前の期間の財 務情報で「不適切な処理」の可能性を見つけた。今年1-6月(上期) の一部資産の評価損が不十分である恐れもあるという。

アリババ・グループは3月に、アリババ・ピクチャーズの前身であ るチャイナビジョン・メディア・グループの株式60%を62億4000万香港 ドル(約825億円)で取得することで合意。アリババ・グループは米市 場で最大規模となる見込みの新規株式公開(IPO)を準備しており、 ブルームバーグの集計データによれば、過去1年で50億米ドル相当の買 収を発表している。

香港にある恒生管理学院のビジネススクールのレイモンド・ソー学 部長はアリババ・グループのIPOへの影響の有無を見極めるのは時期 尚早だと述べた上で、「アリババの今後の合併・買収(M&A)には一 段と注意深い視線が向けられよう」と語った。

原題:Alibaba Pictures Delays Results on Possible Accounting Flaws (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE