サムスン、米スマートシングス買収-スマートホーム分野に進出

韓国のサムスン電子は、家庭の機器 を遠隔操作するモバイルアプリを開発する米新興企業、スマートシング スを買収する。サムスンはホームオートメーション(個人の住宅の自動 化、スマートホーム)分野で足掛かりを得ようとして、グーグルやアッ プルと争っている。

買収の条件は公表されていないが、テクノロジーブログのリコード は買収価格を2億ドル(約205億円)と伝えている。スマートシングス はブログで、同社がサムスンのオープン・イノベーション・センター内 で独立した事業として運営され、カリフォルニア州パロアルトにある新 しい本部に移動することを明らかにした。

今回の買収は、インターネット対応家電などの「モノのインターネ ット」に大手テクノロジー企業が関心があることを示している。グーグ ルは今年、スマート・サーモスタット(温度自動調節器)メーカーのネ スト・ラブズを買収。アップルは6月、住宅の照明や施錠をスマートフ ォンから操作できる「iPhone(アイフォーン)」の開発者向けツ ール「ホームキット」を発表した。

サムスンの広報担当、アダム・イエーツ氏にコメントを求めたが、 今のところ回答は得られていない。

原題:Samsung Buys Startup SmartThings to Move Into Smart Homes (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE