シンガポールのテマセク、中国JDドット・コム株取得

シンガポールの政府系投資会社テマ セク・ホールディングスは、米国に上場する中国のテクノロジーおよび 消費関連企業の株式を取得した。テマセクは中国の銀行株を保有してき たが、投資先の分散化を図っている。

米証券取引委員会(SEC)への14日の届け出によれば、テマセク は直接あるいは傘下部門を通じて中国2位の電子商取引運営会社JDド ット・コム(京東商城)の米国預託証券(ADR)60万2139ADRを購 入した。時価総額は1720万ドル(約17億6300万円)相当。中国のセキュ リティーソフトウエアメーカー、チーター・モバイルも60万3764ADR 保有していることが分かった。時価総額は1280万ドル相当に上る。両社 はいずれも5月に上場した。

ブルームバーグの集計データによると、テマセクはチーター上場 後、同社ADRを5月に100万ADR保有。今回の届け出で6月末時点 での保有が60万3764ADRだったことは、39万6236ADRの売却を示唆 している。チーターのADRは6月末までに52%上昇していた。

原題:Temasek Buys JD.com, Cheetah Stakes Diversifying China Bets (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE