故ウィリアムズさんの娘が侮辱的投稿受信-ツイッターが対処

簡易ブログ運営の米ツイッターは、 俳優ロビン・ウィリアムズさんが自殺しているのが11日に発見された 後、ウィリアムズさんの娘がツイッター上で侮辱的なメッセージを受信 したことを受け、プライバシーと、死去したユーザーの家族への対応に 関する方針を見直している。

ツイッターの信頼性・安全性担当バイスプレジデント、デル・ハー ベイ氏は資料で、同社がこの件に関連し、「多数のアカウント」を停止 したことを明らかにした。

ハーベイ氏は「ツイッター上でのこのような性質の嫌がらせを容認 するつもりはない。このような痛ましい状況に対してより適切に対処す るため、当社の方針をさらに改善できるよう検討を進めている最中だ」 と述べた。

ハーベイ氏によると、変更には広範囲に及ぶプライバシーに関する 規則に加え、ユーザーが死亡した場合の遺族に対するサービスの向上が 含まれる予定。ウィリアムズさんの娘、ゼルダさんは13日、ツイッター への投稿で、ショートメッセージサービスの利用を停止するつもりだと 述べた。

ゼルダさんは今週、自身のブログで「優しい言葉を送る人々は、父 がこの世で大好きだったことの1つが皆を笑わせることだったと分かっ ている。否定的な言葉を送る人々は、ハトの大群をそのような人々の家 へと送り込み、自動車の上にふんを落としてくすくす笑うような父のち ょっとした一面を知っているのかもしれない」と書いている。

原題:Twitter Reviews Policies After Robin Williams’s Daughter Abused(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE