ドイツ:4-6月は13年以来のマイナス成長-仏はゼロ成長

ドイツ経済は4-6月(第2四半 期)にエコノミストの予想を上回るマイナス成長となり、フランス経済 はゼロ成長となった。ウクライナ危機とインフレ鈍化が景気回復を脅か す恐れがある中で、ユーロ圏経済への圧力がさらに高まった。

連邦統計局の14日の発表によると、ユーロ圏最大の経済大国である ドイツの4-6月の国内総生産(GDP)速報値は前期比0.2%減。ブ ルームバーグ・ニュースが調査したエコノミスト37人の予想中央値 は0.1%減だった。1-3月は0.7%増に改定された。

同日発表の域内2位の経済大国であるフランスの4-6月GDP速 報値は前期比変わらずとなった。市場予想の中央値は0.1%増だった。

--取材協力:Kristian Siedenburg.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE