アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は反発。ハンセン指数が一時、6年ぶりに25000の節 目を上回った。銀行株やチャイナ・モバイル(中国移動)などが上昇を けん引した。

百貨店の百盛商業集団(パークソン・リテール・グループ、3368 HK)は13%高。1-6月(上期)の利益が市場予想を上回った。欧州最 大の銀行、英HSBCホールディングス(5 HK)は1.3%高。チャイ ナ・モバイル(941 HK)は5.8%高。端末購入補助費用を削減するとの 発表が好感された。

ハンセン指数は前日比0.6%高の24954.94で終了。一時2008年5月 以来となる25000台を付けた。週間では2.6%上昇。ハンセン中国企業株 (H株)指数は前日比0.3%高の11103.92。

岡三証券グループの忍足真理ストラテジスト(香港在勤)は投資家 は引き続き香港市場に楽観的だと指摘。今週発表された中国の経済指標 は市場予想を下回ったが、景気が悪化すれば当局が刺激策を打ち出すと 投資家は分かっているため安心していると述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は反発。当局が景気下支えのために一段の措置を講じ るとの観測が広がった。上海総合指数は週間ベースで5週連続の値上が りとなった。

光学メーカーの深圳莱宝高科技(002106 CH)が5.6%上昇するな ど、テクノロジー株が総じて買われた。中信証券(CITIC証 券、600030 CH)は2.3%高。海通証券(600837 CH)は1.4%上昇。

上場家電メーカーとして最大手のTCL(000100 CH)は9.9%高。 1-6月(上期)の純利益が91%増加したほか、私募債発行による資金 調達計画も明らかにした。

人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する上海総合指数は前 日比0.9%高の2226.73。週間では1.5%上げた。5週連続の上昇 は、2013年5月以降で最長の連続値上がり。上海、深圳両証取のA株に 連動するCSI300指数は前日比1.1%高の2360.64。

浙商証券の王偉俊ストラテジスト(上海在勤)は「近いうちに預金 準備率の引き下げ、または利下げがあり得る」と予想。「政策緩和は市 場が今望んでいるものだ」と述べた。

【インド株式市況】

15日のインド株式市場は、独立記念日の祝日のため休場。取引は18 日に再開される。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比18.05ポイント(0.3%)高 の5566.52。

【韓国株式市況】

15日の韓国株式市場は光復節の祝日のため休場。取引は18日に再開 される。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比23.80ポイント(0.3%)安の9206.81。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE