ポールソン氏、金ETP持ち分維持-4~6月、金相場は上昇

資産家でヘッジファンド運用者、ジ ョン・ポールソン氏は4-6月(第2四半期)に、金連動型上場取引型 金融商品(ETP)としては最大の「SPDRゴールド・トラスト」の 持ち分を維持した。安全資産としての需要が高まり、金相場は上昇し た。

米政府への14日の届け出によると、SPDRゴールド・トラストの 持ち分を最も多く保有するポールソン氏率いるヘッジファンド運営会社 ポールソンの4-6月の持ち分は1023万口と、四半期連続で変化してい ない。

米ゴールドマン・サックス・グループが弱気見通しを示しているに もかかわらず、金相場は年初来で9.4%上昇。東欧と中東の情勢緊迫化 を背景に、株式と債券のパフォーマンスを上回っている。STAウェル ス・マネジメント(ヒューストン)で6億ドル(約615億円)の運用に 携わるチーフストラテジスト、ランス・ロバーツ氏によると、米景気が 拡大する中、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを実施するとの 見方が広がっており、安全資産としての金の魅力は低下する可能性があ る。

ロバーツ氏は13日の電話インタビューで「金相場は報道に反応して いるが、米景気拡大に対して非常に楽観的な見方が広がっているため、 誰もが金に投資しているわけではない」と指摘。「米国の金利が上昇す るとの見方が、引き続き金相場に下押し圧力をかけるだろう」と述べ た。

原題:Billionaire Paulson Maintains Stake in World’s Biggest Gold ETF(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE